検索
  • あさぬま和子

全国の自治体議員zoom会議に参加

最終更新: 6月1日

立憲民主党地方自治体議員ZOOM会議に愛媛県を代表して参加させていただきました。

私は本日午前中から、いつも一緒に自然栽培の活動している仲間たちと、無農薬・無肥料の紅茶づくりの活動中でしたが、その合間を縫っての参加でした。


会議の主な目的は以下の2点でした。

1. 新型コロナ感染症に対する、都道府県それぞれの情報交換と取り組みの共有


2. 上記を踏まえての国に対する要望

愛媛県としての特色のある取り組みについては、以下の3点を周知させていただきました。


まず1点目は、今回の自粛によって収入の減った方々に対する、たくさんの種類の協力金があること(図参照)。


2点目は、県民の皆様の不安を打ち消すための相談窓口である『こころのホットライン』の設置(図参照)。

そして3点目は教育について。

既に5/11より、県立学校において分散登校が開始されておりますが、オンライン授業に対応するため、ICT端末機を所持していない生徒への貸与を行っています。さらにWi-Fi環境の整っていない生徒に対しては、密を避けて環境の整っている教室の解放を実施しています。

また、5/25日より一斉登校が実施されました。




他県の取り組みとしては、陽性患者や濃厚接触者の公表に対する支援金や、デマによる誹謗中傷によって損害の生じた事業者に対する支援金など、愛媛県としても参考にさせていただきたい、いくつもの事例が紹介されました。

次に国に対する要望としては、それぞれの自治体の経済的事情による地域格差の解消のための臨時交付金の充実や増額、教育への地域格差の解消、夏休み短縮についての国の取り組み、特に熱中症対策についての要望があげられました。

今回の意見交換をとおして、地域によって感染の度合いなど様々な違いがありますが、愛媛県として取り入れられそうなものもあり、非常に有意義な会議でした。

最後に、『オールえひめ』『ワンチーム』でコロナウイルスに立ち向かい、愛顔(笑顔)で乗り越えられるよう力を尽くしてまいりたいと思います。


立憲民主党愛媛

あさぬま和子


0回の閲覧

​2020 立憲民主党愛媛連合