検索
  • 小野 志保

防災・災害対策特別委員会

令和2年4月17日(金)9:00~  防災・災害対策特別委員会がありました。  手指衛生の徹底とマスク着用、social distance(社会的距離)を保ち、

短時間で終了するように努めました。  新居浜市では今年度より新居浜市消防防災合同庁舎5階に危機管理課が新設されました。 危機管理課と新型コロナウィルス感染症に関する対応体制のご説明、対策本部についての

意見交換がありました。  各部局内で検討をし感染症対策班が対応策案を作成、感染症対策本部会議で対応策の決定をします。 市役所一丸となって取り組んでいただいています。 3月の予算委員会の要望タイムで 「融資や貸付ではない。借金は要らない。新居浜市独自の経済的支援を。」と述べました。 (この発言、他の議員から茶化されました。 2月3月に独自で企業、経営者の方々に聞き取り調査した内容から要望したものです。)

今現在、全国各地で独自の給付が進められており、 新居浜市でも、今、独自の支援策のとりまとめをしているとのこと!

来週あたりに決定するそうです! また、愛媛県が発表しているような状況のまとめを新居浜市独自のものを別途作成しています ともお聞きしました。

新しく情報が入りましたらお伝えします。  2月より各市民団体さんに、「今出来ること」の打診、またはご相談ご要望をお聞きし、

市に申し入れもさせていただきました。 また物資の状況を調査し、市に情報提供とお願いにあがりました。 3月は定例議会や予算委員会もありましたが、

放課後児童クラブ(ディ含む)を訪問し調査した結果を担当部署にお伝えしました。

いずれのときも、市役所職員の方々は一生懸命に対応してくださっていました。 「市役所一丸となり取り組む」本当にそう思います。

今は、不要不急の外出はお控えいただきたいのですが、 今日の委員会で会議室を利用させていただいた合同庁舎の1階(入ってすぐのところ)にパンフレットコーナーがありました。 新居浜市発行の冊子もたくさんありました。びっくり。(外国語バージョンもありました。) その中で1冊ご紹介したいと思います。

「おぼえておこうね みをまもる たいせつなこと」という絵本型の冊子を見つけました。 とにかく、可愛い冊子です。

終息後に是非とも。 コロナウィルスが終息し落ち着いたら、 パソきっず(2006年発足 体験型学習団体)でまた、 きっず防災キャンプを開催し、この合同庁舎も利用させていただきたいと思います。






6回の閲覧

​2020 立憲民主党愛媛連合